str

Unicodeのコードから文字列変換そしてデコード

  • 2016-03-26  最終更新日:2016-03-27

文字コードをユニコードの値から文字列を出力するプログラム関数 String.fromCharCode()というのを使ってプログラムを作ってみます。

これを使うことでちょっとした暗号文が出来ます。暗号って言うほどでもないですが文字を数値に変換してくれるので数値ばかりなので普通に人には分からないと思います。

ただこの数値は分かる人には分かります。しかも文字コード表もありますから見ていけば分かります。簡易の暗号文といったところでしょうか。

もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サイト内検索

最近の投稿

アイキャッチ
chromeのエクステンションを使わないでウェブページ全体をスクリーンショットでとる方法

さて今回はchromeブラウザ限定ですがエクステンションを使わずにページ全体と部分キャプチャをする方法をご紹介します。 割とエクステンションで処理しちゃう場合がありますがデフォルトで使えるとい...

05 Aug 2018

アイキャッチ
はじめてのVim覚え書き

今回はエディターのご紹介になります。かなり特殊なVimエディターをご紹介したいと思います。便利なエディターAtom、SublimeText、VisualStudioCodeとは訳が違います。 ...

28 Jul 2018

アイキャッチ
リニューアルした水木しげるロードは夜がおすすめ

さて、先日14日にリニューアルした境港の通称鬼太郎ロードに行って参りました。鬼太郎に会える町として新たに妖怪を追加して約800mの通りに177体の妖怪ブロンズ像がお出迎え、ゾーン分けをして再配置...

17 Jul 2018

アイキャッチ
flexboxで簡単レイアウト

Flexbox(Flexible Box Layout Module)とは今時のレスポンシブに対応したレイアウトスタイルです。上下中央の配置や等間隔の配置、固定幅と可変幅の配置など使い方は様々、...

07 Jul 2018

アイキャッチ
ダウンモニターアプリのご紹介

今回はウェブサイトの監視アプリのご紹介です。以下からダウンロードできます。 Free Website Monitor たまにサーバーがダウンしている場合があり表示できないことがありま...

30 Jun 2018

著者

ウェブエンジニアのSUYAMAのブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

タグクラウド

フッターイメージ