code

Unicodeのコードから文字列変換そしてデコード

  • 2016-03-26  最終更新日:2016-03-27

文字コードをユニコードの値から文字列を出力するプログラム関数 String.fromCharCode()というのを使ってプログラムを作ってみます。

これを使うことでちょっとした暗号文が出来ます。暗号って言うほどでもないですが文字を数値に変換してくれるので数値ばかりなので普通に人には分からないと思います。

ただこの数値は分かる人には分かります。しかも文字コード表もありますから見ていけば分かります。簡易の暗号文といったところでしょうか。

もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サイト内検索

最近の投稿

アイキャッチ
姫路セントラルパークに行ってきた感想

さて久しぶりになりましたが連休中に姫路市に行って参りました。太陽公園と姫路セントラルパークを2日かけて回りましたが姫路セントラルパークに関しては1日では足りないぐらいかもしれないです。ここは遊園...

12 May 2019

アイキャッチ
これは楽!iterm2パスワードマネージャー機能

さて今回はiterm2のパスワード管理についてです。そもそもこんな機能がついていること自体知らなかったのでこれ使って楽だなと思ったのでご紹介します。 iterm2の現在時点での最新バージョンは...

30 Mar 2019

アイキャッチ
JavaScriptライブラリデータベースのご紹介

さて今回はJSライブラリーのデータベースをご紹介したいと思います。知っている方が多いかと思いますがライブラリやプラグイン、フレームワークなど探す際には役立つサイトではないでしょうか。 どのJS...

28 Mar 2019

アイキャッチ
Web制作者が8年Chrome使ってきた中でおすすめの拡張機能

最近はEdgeもGoogle Chromeと同じChromiumベースでのブラウザとなりほとんどクローム(Chrome)状態ではあります。FirefoxとSafariぐらいでしょうか。Firef...

17 Mar 2019

アイキャッチ
Bootstrap4でフォーム入力の際にカレンダーから日付入力する方法

最近はメインでのコーディングはBootstrap4に移行しておりますがいろいろと3の時に使えたものが使えなかったりとしております。 DatetimePickerなどもそうですね。私個人的には4に...

18 Feb 2019

著者

ウェブエンジニアの須山のブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

タグクラウド

フッターイメージ