ワードプレスでデバッグログをダッシュボードに表示させる方法

ワードプレスでデバッグログをダッシュボードに表示させる方法

2017-01-28 最終更新日:2017-01-28

ワードプレス運用中のサイトのエラーログを出力させてそれをダッシュボードで見る方法をご紹介します。

ログ出力方法は結構いろいろなサイトに書かれているのですがそれをダッシュボードに表示させる方法がなかったので作ってみました。WP_DEBUGを使ってデバッグモードをtrueにすれば表示させられるのですが、運用中のサイトにログが出力されてもいけないのでログファイルに保存するようにします。

まずはログファイルに出力させる方法は簡単です。


スポンサーリンク


ログファイル出力設定

3ステップで完了できます。

1.wp-config.php設定

まずwp-config.phpに下記設定します。 WP_DEBUGがfalseになっているのをtrueに変更して、WP_DEBUG_LOGをtrueにします、これでログがとれます。それからWP_DEBUG_DISPLAYをfalseにします、これで画面出力を非表示にします。 一応php側の設定でもdisplay_errorsも0にしてエラー出力を非表示にします。

wp-config.php

<?php;
define('WP_DEBUG', true);
define('WP_DEBUG_LOG', true);
define('WP_DEBUG_DISPLAY', false);
@ini_set('display_errors',0);

この設定だけでhttp://example.com/wp-content/debug.logなどのように、debug.logが出来ます。

ただこのままだとあからさまに見られてしまうので.htaccessに下記を追記します。

# BEGIN WordPressから# END WordPressまではワードプレスインストール時に出来ていると思いますのでその下のFiles debug.logから記述します。 これでアクセスできないようにして見られなくします。

2.htaccess設定

.htaccess

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

<Files debug.log>
Order allow,deny
Deny from all
</Files>

これで外部アクセスから表示されません。

3.functions.php設定

最後にfunctions.phpに下記を記述します。これで完了です。

functions.php

<?php
// エラーログ取得
function getWpErrorLog() {
	// ファイルパス
	$logfile = WP_CONTENT_DIR.'/debug.log';
	// 最大ログ件数
	$maxlist = 10;
	// ログファイルかあるかどうか
	if ( file_exists( $logfile ) ) {
		$log = file($logfile);
		$reversed = array_reverse($log);
		echo '<ul class="wperrors">';
		$i = 0;
		foreach ($reversed as $reverse) {
			if ($i < $maxlist) {
				echo '<li>'.$reverse.'</li>';
			}
			$i++;
		}
		echo '</ul>';
	} else {
		echo '<p>ログを取得できません。</p>';
	}
}
// ダッシュボード表示
function WPErrorLogDashbordDisplay() {
	if (current_user_can('administrator')) {
		wp_add_dashboard_widget( 'wp-geterrors', 'デバッグエラーログ', 'getWpErrorLog' );
	}
}
add_action( 'wp_dashboard_setup', 'WPErrorLogDashbordDisplay' );

管理者権限のみと10件表示になっています。因みに時間がUTC時刻なので9時間ぐらいの差があります。日本時間にしたい場合は同じくfunctions.phpの先頭に下記を記述すると良いです。

<?php
date_default_timezone_set( 'Asia/Tokyo' );

参考になれば幸いです。


∞Tadashi Suyama∞

wordpress web functions
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Similar Posts

最近の投稿

アイキャッチ
有名なアイコンフォントをpngで使う方法

サイトのカンプを作るときに最近ではアイコンフォントを使うことはもう当たり前になっていますが、アイコンフォントをフォトショップやスケッチに埋め込むときに便利なサイトをご紹介します。 fa2png...

20 Oct 2017

アイキャッチ
500 Internal Server Errorのcgiエラーの対処方法

久しぶりにcgiのフォームを使いました。昔はよくフォームならcgi(perl)だったのですが最近はほとんどワードプレスのプラグインだけで行うことが多くなりましたがまだ少なからず対応する機会がある...

14 Oct 2017

アイキャッチ
とっとりバーガーフェスタ2017(第7回)に行ってきました

去年も載せましたが今回も行ってきたので感想などを書いてみたいと思います。[⇒去年の記事はコチラ](/blog/private/2016/10/11/burgerfesta.html) 今年も行...

09 Oct 2017

アイキャッチ
ワードプレスでテーマの編集が出来ない対処方法

さて、今回はワードプレスのテーマ編集についてです。テスト用サイトでふと気がついたのですが、あれ?テーマ編集が出来なくなっている!セキュリティ上なくしたのかと思いました。現状のバージョンは4.8....

06 Oct 2017

アイキャッチ
新しくなったfotorの使い方

fotorのサイトが一新されました。HTML5で書き直されて高いパフォーマンスが期待できます。 新しくなった部分のみ記載しておりますので機能的に見たい方は[⇒以前の記事](/blog/app/...

01 Oct 2017

著者

ウェブエンジニアのSUYAMAのブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

タグクラウド

wordpress web functions
フッターイメージ