ワードプレスでデバッグログをダッシュボードに表示させる方法

ワードプレスでデバッグログをダッシュボードに表示させる方法

  • 2017-01-28  最終更新日:2017-01-28

ワードプレス運用中のサイトのエラーログを出力させてそれをダッシュボードで見る方法をご紹介します。

ログ出力方法は結構いろいろなサイトに書かれているのですがそれをダッシュボードに表示させる方法がなかったので作ってみました。WP_DEBUGを使ってデバッグモードをtrueにすれば表示させられるのですが、運用中のサイトにログが出力されてもいけないのでログファイルに保存するようにします。

まずはログファイルに出力させる方法は簡単です。


ログファイル出力設定

3ステップで完了できます。

1.wp-config.php設定

まずwp-config.phpに下記設定します。 WP_DEBUGがfalseになっているのをtrueに変更して、WP_DEBUG_LOGをtrueにします、これでログがとれます。それからWP_DEBUG_DISPLAYをfalseにします、これで画面出力を非表示にします。 一応php側の設定でもdisplay_errorsも0にしてエラー出力を非表示にします。

wp-config.php

<?php;
define('WP_DEBUG', true);
define('WP_DEBUG_LOG', true);
define('WP_DEBUG_DISPLAY', false);
@ini_set('display_errors',0);

この設定だけでhttp://example.com/wp-content/debug.logなどのように、debug.logが出来ます。

ただこのままだとあからさまに見られてしまうので.htaccessに下記を追記します。

# BEGIN WordPressから# END WordPressまではワードプレスインストール時に出来ていると思いますのでその下のFiles debug.logから記述します。 これでアクセスできないようにして見られなくします。

2.htaccess設定

.htaccess

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

<Files debug.log>
Order allow,deny
Deny from all
</Files>

これで外部アクセスから表示されません。

3.functions.php設定

最後にfunctions.phpに下記を記述します。これで完了です。

functions.php

<?php
// エラーログ取得
function getWpErrorLog() {
	// ファイルパス
	$logfile = WP_CONTENT_DIR.'/debug.log';
	// 最大ログ件数
	$maxlist = 10;
	// ログファイルかあるかどうか
	if ( file_exists( $logfile ) ) {
		$log = file($logfile);
		$reversed = array_reverse($log);
		echo '<ul class="wperrors">';
		$i = 0;
		foreach ($reversed as $reverse) {
			if ($i < $maxlist) {
				echo '<li>'.$reverse.'</li>';
			}
			$i++;
		}
		echo '</ul>';
	} else {
		echo '<p>ログを取得できません。</p>';
	}
}
// ダッシュボード表示
function WPErrorLogDashbordDisplay() {
	if (current_user_can('administrator')) {
		wp_add_dashboard_widget( 'wp-geterrors', 'デバッグエラーログ', 'getWpErrorLog' );
	}
}
add_action( 'wp_dashboard_setup', 'WPErrorLogDashbordDisplay' );

管理者権限のみと10件表示になっています。因みに時間がUTC時刻なので9時間ぐらいの差があります。日本時間にしたい場合は同じくfunctions.phpの先頭に下記を記述すると良いです。

<?php
date_default_timezone_set( 'Asia/Tokyo' );

参考になれば幸いです。


∞Tadashi Suyama∞

wordpress web functions
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サイト内検索

最近の投稿

アイキャッチ
そろそろvuejs始める

最近はjQueryよりvueで書いた方が楽ではないかと思い学習中です。 そもそもVuejsはドキュメントが日本語対応なので試しやすいし情報も豊富なので学習しやすいです。 3大フレームワークと呼...

02 May 2021

アイキャッチ
追い風CSS(tailwindcss)が結局楽かも

最初にtailwindcssのv1が出た頃はまだbootstrapで良いかな。 htmlに入れるクラスタグが多過ぎと思っていました。あまり良い印象はなかったです。 時は過ぎいろいろと触っていると...

29 Apr 2021

アイキャッチ
エラー処理について

COJPドメンを取得する際に「登記年月日」という項目があります。 その項目通り登記した年月日を入れる訳ですが、なぜかエラーが出ました。 半角英数字にして下さいというよくあるエラーです。当然半角英...

24 Jan 2021

アイキャッチ
javascriptのundefinedの判定

jqueryで高さの数値をとって足し算をしていたらエラーも出ずに動かないということになったので調べてみました。 ワードプレスで管理画面のアドミンバーが一度ログインするとフロント画面でも表示される...

17 Jan 2021

アイキャッチ
Webpack5にアップデートしてエラーの対処方法2つ

webpack4(4.41.5)から webpack5(5.12.1)にあげました。 特に難しい設定は行っておらず主にscssと共通モジュールの設定だけで使っているのですがそれでもエラーが出たの...

09 Jan 2021

著者

ウェブエンジニアの須山のブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

タグクラウド

wordpress web functions
フッターイメージ