ワードプレスでデバッグログをダッシュボードに表示させる方法

Jan 28, 2017

ワードプレスでデバッグログをダッシュボードに表示させる方法

2017-01-28 最終更新日:2017-01-28
wordpress web functions

ワードプレス運用中のサイトのエラーログを出力させてそれをダッシュボードで見る方法をご紹介します。

ログ出力方法は結構いろいろなサイトに書かれているのですがそれをダッシュボードに表示させる方法がなかったので作ってみました。WP_DEBUGを使ってデバッグモードをtrueにすれば表示させられるのですが、運用中のサイトにログが出力されてもいけないのでログファイルに保存するようにします。

まずはログファイルに出力させる方法は簡単です。


スポンサーリンク


ログファイル出力設定

3ステップで完了できます。

1.wp-config.php設定

まずwp-config.phpに下記設定します。 WP_DEBUGがfalseになっているのをtrueに変更して、WP_DEBUG_LOGをtrueにします、これでログがとれます。それからWP_DEBUG_DISPLAYをfalseにします、これで画面出力を非表示にします。 一応php側の設定でもdisplay_errorsも0にしてエラー出力を非表示にします。

wp-config.php

<?php;
define('WP_DEBUG', true);
define('WP_DEBUG_LOG', true);
define('WP_DEBUG_DISPLAY', false);
@ini_set('display_errors',0);

この設定だけでhttp://example.com/wp-content/debug.logなどのように、debug.logが出来ます。

ただこのままだとあからさまに見られてしまうので.htaccessに下記を追記します。

# BEGIN WordPressから# END WordPressまではワードプレスインストール時に出来ていると思いますのでその下のFiles debug.logから記述します。 これでアクセスできないようにして見られなくします。

2.htaccess設定

.htaccess

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

<Files debug.log>
Order allow,deny
Deny from all
</Files>

これで外部アクセスから表示されません。

3.functions.php設定

最後にfunctions.phpに下記を記述します。これで完了です。

functions.php

<?php
// エラーログ取得
function getWpErrorLog() {
	// ファイルパス
	$logfile = WP_CONTENT_DIR.'/debug.log';
	// 最大ログ件数
	$maxlist = 10;
	// ログファイルかあるかどうか
	if ( file_exists( $logfile ) ) {
		$log = file($logfile);
		$reversed = array_reverse($log);
		echo '<ul class="wperrors">';
		$i = 0;
		foreach ($reversed as $reverse) {
			if ($i < $maxlist) {
				echo '<li>'.$reverse.'</li>';
			}
			$i++;
		}
		echo '</ul>';
	} else {
		echo '<p>ログを取得できません。</p>';
	}
}
// ダッシュボード表示
function WPErrorLogDashbordDisplay() {
	if (current_user_can('administrator')) {
		wp_add_dashboard_widget( 'wp-geterrors', 'デバッグエラーログ', 'getWpErrorLog' );
	}
}
add_action( 'wp_dashboard_setup', 'WPErrorLogDashbordDisplay' );

管理者権限のみと10件表示になっています。因みに時間がUTC時刻なので9時間ぐらいの差があります。日本時間にしたい場合は同じくfunctions.phpの先頭に下記を記述すると良いです。

<?php
date_default_timezone_set( 'Asia/Tokyo' );

参考になれば幸いです。


∞Tadashi Suyama∞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Similar Posts

最近の投稿

アイキャッチ
ドメインオーソリティの使い道

ドメインオーソリティーとは一言で言えばドメインの価値を数値化したモノです。ドメインに関するものなので中身については全く意味をなさないと思います。ドメインオーソリティーの数値が低いから低品質なコン...

17 Jun 2017

アイキャッチ
個人情報を一切収集しない検索エンジンDuckDuckGoとは?

ネット検索と言えば、日本ならGoogleやYahoo Japan!(検索エンジンはGoogle)経由が多いですね。Bingは少数派といったところでしょうか。 DuckDuckGoという検索エン...

10 Jun 2017

アイキャッチ
ブートストラップバリデータ使い方 - Validator - for Bootstrap 3

今回はフォームバリデータのご紹介です。前回のPHPMailerと関連がありますが、フロントエンドでのバリデートができます。 CSSのフレームワークBootstrap3をお使いの方ならすんなりと...

03 Jun 2017

アイキャッチ
PHPMailerの使い方

今回はあらゆるところで使われているPHP用のメール送信ライブラリphpmailerの使い方を紹介します。 脆弱性がPHPMailer5.2.18より下のバージョンで発生するので新しいバージョン...

28 May 2017

アイキャッチ
画像加工・写真編集が簡単にできるアプリfotorのご紹介

今回は画像加工や編集ができるfotorのご紹介です。アプリの方が有名ですが、実はサイトからも使えるというのはご存じだったでしょうか?公式サイトはコチラ⇒[画像加工・写真編集|Fotor - 無料...

20 May 2017

著者

ウェブエンジニアのSUYAMAのブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

タグクラウド

wordpress web functions
フッターイメージ