みろくの里 ダイナソーパーク

みろくの里 ダイナソーパーク

2017-05-07 最終更新日:2017-05-08

行ってみた率直の感想は蒜山高原センタージョイフルパークと感じは似ています。昔ながらのアトラクションといった感じです。いつか来た道という昭和30年代の昔ながらの道といったところもあります。こどもはお祭り広場で遊んでいました。

それでこの中で一番子供(6才女子)が喜んだ場所は実は遊具でないです。

遊園地のアトラクションはだいたいどこも同じような感じですよね、人気があるのは死ぬほど行列ができてたぶん子供は待ちきれません。。。大人もたぶんしんどい、炎天下の中30分、1時間待つのは大変!!

意外とこういう体験コーナーがよかったのかもしれません。

それで一番楽しかったその場所は・・・


スポンサーリンク


みろくの里

お気に入りの場所

みろくの里

たまご牧場のひよこエリアです、ここは100円でひよこのえさやりができます。ニワトリになりかけのひよこもいます。ここで1時間ぐらいえさやりでいました。ひよこに触れるのが良いようです。えさをやる人が多いのでたぶんあまりおなかすいていないだろうと思いますね。ここでたまごやカステラやカレーやお菓子の販売をしております。ひよこの分譲もしております。ただ唐揚げも販売しているのはちょっと微妙な気持ちになりますね。。。。

みろくの里

ダイナソーパーク

フリーパスなら一回は料金がかかりません。通常は500円、実はここも気に入った場所でもあります、女の子なので特に興味を示さなかったのですが、歩いて見て回るというのが良かったかもしれません、竹藪の中に実寸大の恐竜がおいてある感じなのですが、音と動きをつけてあります。

動物園を見て回る感じといったところでしょうか。子供たちは満足している様子でした。

みろくの里

山の一部を切り崩した施設なので350mほどの距離ですが、下り坂を見ながら降りてしたまでいったら上ってみるという感じになります。フェンス越しに動いてくる恐竜は写真スポットになっています。ゆっくり歩いて20分ぐらいで全部見終わると思います。

恐竜の卵の中での撮影スポットもあります。こどもが恐竜の卵に入りそこで撮影ができるスポットがあります。

みろくの里

ティラノサウルスの大きさは圧巻です。

みろくの里

昭和の湯

この施設の隣には昭和の湯という温泉もあります。フロントで館内利用カード(4桁の番号)が必要です。このカードがないと食事とかもできないようになっています。このカードに使用した料金が登録されて出るときにフロントで支払う仕組みのようです。フロント近くにお土産屋も少しあります。

ここで食事をしましたが、温泉内の食事施設はあまりおいしいという感じがいままでなかったのですが思った以上においしかったです。

みろくの里

参考になれば幸いです。


∞Tadashi Suyama∞

みろくの里 遊園地 テーマパーク moroku
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近の投稿

アイキャッチ
電話番号の正規表現をJavaScriptを使ってチェック

さて今回はフォームの中での電話番号正規表現についてご紹介します。 電話番号を入力する際に携帯と固定電話どちらでも入力可能の場合にどちらの場合でも桁数チェックができるようにしたいと思います。今回...

19 Aug 2017

アイキャッチ
画面共有中だけ通知を一時的にオフ機能のMac用アプリMuzzle

本日はアプリのご紹介、画面を共有しているときやビデオ通話などをしているときに通知を一時的にオフにするアプリのご紹介です。 プレゼンの発表中などスクリーン共有やビデオ通話などの際に役立ちます。S...

13 Aug 2017

アイキャッチ
お盆休みのお知らせ

毎日の残暑、暑いですね。暑中お見舞い申し上げます。 平素より、大変お世話になっております。 さて、弊社では下記の予定で夏期休暇を実施させていただきますので、ご了承のほどよろしくお願い申し上げ...

10 Aug 2017

アイキャッチ
マルチOSのコマンドライン型ランチャーアプリzazu

Macには圧倒的な使いやすさのalfredがあるのですがそのようなランチャーがWindows環境でないか探してみたところありましたのでご紹介します。ただalfredにはまだ遠く及ばない気がします...

05 Aug 2017

アイキャッチ
MacでWinSCPを使う方法

Wine(ワイン)とは macOS上でWindowsソフトを動かすためのプログラムです。今年初めに2.0にアップデートされたようです。[Wine 2.0が公開](http://forest.wa...

30 Jul 2017

著者

ウェブエンジニアのSUYAMAのブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

フッターイメージ