みろくの里 ダイナソーパーク

みろくの里 ダイナソーパーク

  • 2017-05-07  最終更新日:2017-05-08

行ってみた率直の感想は蒜山高原センタージョイフルパークと感じは似ています。昔ながらのアトラクションといった感じです。いつか来た道という昭和30年代の昔ながらの道といったところもあります。こどもはお祭り広場で遊んでいました。

それでこの中で一番子供(6才女子)が喜んだ場所は実は遊具でないです。

遊園地のアトラクションはだいたいどこも同じような感じですよね、人気があるのは死ぬほど行列ができてたぶん子供は待ちきれません。。。大人もたぶんしんどい、炎天下の中30分、1時間待つのは大変!!

意外とこういう体験コーナーがよかったのかもしれません。

それで一番楽しかったその場所は・・・


スポンサーリンク


みろくの里

お気に入りの場所

みろくの里

たまご牧場のひよこエリアです、ここは100円でひよこのえさやりができます。ニワトリになりかけのひよこもいます。ここで1時間ぐらいえさやりでいました。ひよこに触れるのが良いようです。えさをやる人が多いのでたぶんあまりおなかすいていないだろうと思いますね。ここでたまごやカステラやカレーやお菓子の販売をしております。ひよこの分譲もしております。ただ唐揚げも販売しているのはちょっと微妙な気持ちになりますね。。。。

みろくの里

ダイナソーパーク

フリーパスなら一回は料金がかかりません。通常は500円、実はここも気に入った場所でもあります、女の子なので特に興味を示さなかったのですが、歩いて見て回るというのが良かったかもしれません、竹藪の中に実寸大の恐竜がおいてある感じなのですが、音と動きをつけてあります。

動物園を見て回る感じといったところでしょうか。子供たちは満足している様子でした。

みろくの里

山の一部を切り崩した施設なので350mほどの距離ですが、下り坂を見ながら降りてしたまでいったら上ってみるという感じになります。フェンス越しに動いてくる恐竜は写真スポットになっています。ゆっくり歩いて20分ぐらいで全部見終わると思います。

恐竜の卵の中での撮影スポットもあります。こどもが恐竜の卵に入りそこで撮影ができるスポットがあります。

みろくの里

ティラノサウルスの大きさは圧巻です。

みろくの里

昭和の湯

この施設の隣には昭和の湯という温泉もあります。フロントで館内利用カード(4桁の番号)が必要です。このカードがないと食事とかもできないようになっています。このカードに使用した料金が登録されて出るときにフロントで支払う仕組みのようです。フロント近くにお土産屋も少しあります。

ここで食事をしましたが、温泉内の食事施設はあまりおいしいという感じがいままでなかったのですが思った以上においしかったです。

みろくの里

参考になれば幸いです。


∞Tadashi Suyama∞

みろくの里 遊園地 テーマパーク moroku
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サイト内検索

最近の投稿

アイキャッチ
macOS Mojaveで特定のアプリが動作しなくなったときの設定

今回はMacトラブルについてです。今まで使っていた人はおそらくこの設定は知っている人が多いかもしれませんが、初めてMacを使った人はこれで悩んでいる人が多いかもしれません。今回はロジクールマウス...

09 Jan 2019

アイキャッチ
明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。 今年の初詣は寒波の影響でかなり寒かったですが比較的天候も良く人も多かった気がしますね。 本年は熊野大社に大晦日深夜の初詣にい...

04 Jan 2019

アイキャッチ
年末年始のお知らせ

今年ももう終わりですね。 当事務所は12/29〜1/6までお休みでございます。 1/7日から営業開始いたします。 よろしくお願いします。 ### 年末年始の営業時間 12/29-1...

29 Dec 2018

アイキャッチ
鳥取砂丘いくならおすすめの砂の美術館

先日の3連休に鳥取砂丘近くにある砂の美術館に行ってきました。この日はたまたまイベント期間中で3Dプロジェクションマッピングも見ることが出来、30分おきに上映していたので実際は10分弱ぐらいの映像...

28 Dec 2018

アイキャッチ
ワードプレスでグーグルマップを簡単に表示させるプラグイン

さて、今回は簡単に地図を設置できるプラグインのご紹介です。あまりにも有名なので説明が不要かと思いますが、簡単に説明しますと要は地図表示です。私はグーグルマップをプラグインでの表示はしたことなかっ...

19 Dec 2018

著者

ウェブエンジニアの須山のブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

フッターイメージ