ドメイン移管について

Mar 7, 2017

ドメイン移管について

2017-03-07 最終更新日:2017-03-08
domain server web

ドメイン移管についての手順です。頻繁にすることでもないので忘れがちなので備忘録をかねて書き記しておきます。

ドメインの移管される側と移管する側の立場になって考えていきます。

仮定として佐藤さんがexample.comというドメインをもっていて田中さんに移管するということにします。流れとしましては佐藤さんから田中さんに移すというイメージですね。

設定として佐藤さんのドメイン管理会社はスタードメインとします、田中さんのドメイン管理会社はムームードメインとします。

ドメインの種類によっても手順が変わるので一般的なcom/net/org/info/bizなどのドメインの場合で考えていきます。


スポンサーリンク


移管チェック

example.comというドメインを田中さんに移すのですが、佐藤さんはドメインについて確認事項があります。5つのチェックが必要です。

1.認証コード(AuthCode)

まずはひとつ目は.comや.netは認証コード(オースコード)が必要になります。ドメイン管理している場合は必ずオースコードと呼ばれる項目があるので確認してください。登録者にメールで送る場合もあります。

因みにJPやCO.JPドメインに関しては不要です。というよりオースコードはありません。

スタードメインの認証コードはレジストラコンタクトとなっており、認証キーを送信ボタンを押してメールで送られてきます。

スタードメイン

2.取得してから60日

新規でドメイン取得してから60日以上たっていないとドメイン移管は出来ません。とったばかりのドメインに関しては移管が出来ませんので取得日を確認してください。

3.有効期限が15日以上

ドメインの期限が15日以上空いていないとドメイン移管が出来ません。ドメイン管理会社によっては1ヶ月ぐらい空いていないと移管できなかったりしますので十分に期限日が空いているかどうか確認してください。お名前.comは1ヶ月切ると出来なかった記憶があります。

4.ドメインロック

ドメイン管理会社によって異なりますが、ドメインロックされている場合は移管できませんのでご確認ください。因みにエックスサーバーだとドメインの解約を行った上でドメインロックを解除するようになっています。

お名前.comはデフォルトだとロックがかかっていませんが確認してみてください。

お名前.com

5.公開代行

ドメインの情報がドメイン会社の公開代行設定になっている場合は移管できませんので確認してみてください。お名前.comはデフォルトで公開代行になっていたので解除する必要になります。

おまけ.有効期間が9年以上

あまりこの場合はないですが保有期間が9年以上ある場合は移管できません。最大契約期間10年を超えるためのようです。

おまけ.お名前.com同士

お名前.com同士の移管は出来ません。最近わかったことなのですが、移管ではなくIDの付け替えする必要があります。一般的にはお名前.comの付け替え用のアカウントのIDをとってそこに付け替えてそれで相手に付け替え用のIDとパスワードを教えるという形が多いようです。

移管

さてチェックが終わり、すべての項目がクリアしていたら佐藤さんは認証コード(オースコード)を田中さんに渡します。

受け取った田中さんはそれを元に移管申請をします。田中さんのドメイン管理会社はムームードメインなのでムームードメインから申請を行います。

ムームードメイン

移管するドメイン名とオースコードを入力して申請します。1年間のドメイン費用がかかりますので了承します。料金を支払って移管申請する場合もありますが、ムームードメインの場合は移管完了後に支払う形になっています。

すると1,2日後に佐藤さんにトランスファー承認手続きのお願いのようなメールが届きます。これは佐藤さんのドメイン管理する会社スタードメインからと田中さんの管理する会社ムームードメインから両方から送られてくるので2通承認する形になります。メールの中身については移管するURLが記載されているのでそのリンクをクリックするとドメイン移管を承認するか拒否するか選べるようになっています。ここで承認すると数日後に移管承認されたというメールが届きます。これで完了です。

それで移管失敗するケースの原因は基本的には佐藤さんにあります。結構多いのがドメインロックや公開代行にしていないことなので田中さんが申請しても佐藤さんに承認メールが届かずに田中さんに失敗しましたというメールが送られてきます。だいたい1週間ぐらい何もしなかったら不承認のメールが届きます。

ドメインの有効期限が短い場合だと申請すら出来ませんのでよく確認する必要があります。

JPドメイン

因みにJPドメインの場合は佐藤さんがオースコードを田中さんに渡す代わりに佐藤さん自分が管理しているドメイン管理会社に田中さんの所有するドメイン会社に移管する旨を伝えます。 以下のようなもので管理会社にメールします。

 ▼ご返信いただくもの(移管承認依頼)
 ------------------------------------------------
 ■会員ID:
 1.移管ご希望ドメイン名:
 2.変更先指定事業者名:
 3.該当ドメインの移管を行う旨、ドメイン登録者へ意思確認を行いましたか。
 【確認済み】【未確認】※該当するものを残してください。
 -------------------------------------------------------------

管理会社から了承されれば田中さんに移管申請してもらえば移管は完了します。

参考になれば幸いです。


∞Tadashi Suyama∞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Similar Posts

最近の投稿

アイキャッチ
ドメインオーソリティの使い道

ドメインオーソリティーとは一言で言えばドメインの価値を数値化したモノです。ドメインに関するものなので中身については全く意味をなさないと思います。ドメインオーソリティーの数値が低いから低品質なコン...

17 Jun 2017

アイキャッチ
個人情報を一切収集しない検索エンジンDuckDuckGoとは?

ネット検索と言えば、日本ならGoogleやYahoo Japan!(検索エンジンはGoogle)経由が多いですね。Bingは少数派といったところでしょうか。 DuckDuckGoという検索エン...

10 Jun 2017

アイキャッチ
ブートストラップバリデータ使い方 - Validator - for Bootstrap 3

今回はフォームバリデータのご紹介です。前回のPHPMailerと関連がありますが、フロントエンドでのバリデートができます。 CSSのフレームワークBootstrap3をお使いの方ならすんなりと...

03 Jun 2017

アイキャッチ
PHPMailerの使い方

今回はあらゆるところで使われているPHP用のメール送信ライブラリphpmailerの使い方を紹介します。 脆弱性がPHPMailer5.2.18より下のバージョンで発生するので新しいバージョン...

28 May 2017

アイキャッチ
画像加工・写真編集が簡単にできるアプリfotorのご紹介

今回は画像加工や編集ができるfotorのご紹介です。アプリの方が有名ですが、実はサイトからも使えるというのはご存じだったでしょうか?公式サイトはコチラ⇒[画像加工・写真編集|Fotor - 無料...

20 May 2017

著者

ウェブエンジニアのSUYAMAのブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

タグクラウド

domain server web
フッターイメージ