簡単!5分で取得!Google Maps APIキー取得方法

Dec 18, 2016

簡単!5分で取得!Google Maps APIキー取得方法

2016-12-18 最終更新日:2016-12-18
blog web browser map グーグルマップ

グーグルマップではよくgmaps.jsと一緒に利用してきたのですぐにAPI登録はしてしまいました。登録自体は簡単ですが一度登録するとあとはキーを記入するだけです。ですので登録方法を忘れそうなので書き記しておきます。

今までは必要なかった設定が必要になってきましたが、一度設定すれば後はAPIキーだけ取得すればそれを使って使い続けることが出来るのでさくっと取得してしまいましょう。わかってしまえばたぶん5分もかかりません。

キーだけあれば設定は終わりです。


スポンサーリンク


API取得方法

グーグルでgoogle apiと検索すると最初に出てきます。Google API Consoleというのがでてきますのでこちらをクリックします。

googleapi

下記のGoogle API Console公式サイトからでも入れます。

Google API Console

googleapi

Googleのアカウントが持っている人がほとんどだと思いますが、持っていない人はアカウントを作成してください。

ログインしないと取得できません。ここでログインします。

googleapi

このような画面が出てきますが、同意して続行をクリックします。

googleapi

最初にプロジェクトを作成します。

googleapi

プロジェクト名は何でも良いです。とりあえずこのままMy Projectで作成します。因みにそんなに必要ないと思いますけどプロジェクトは複数作成できます。

googleapi

しばらく待ちます。

googleapi

完了したら次は認証情報を作成します。一番上のAPIキーをクリックします。

googleapi

APIキーを作成しましたと表示されます。これで完了ですが、キーを制限して利用した方が良いのでキーを制限をクリックします。閉じるを押しても後から編集できます。

googleapi

キーの名前は何でも良いです。googlemapとかにしておくとわかりやすいですね。キーの制限はHTTPリファラー(ウェブサイト)にしておきます。そしてURLを指定します。はワイルドカードが利用できます。.its-office.jp/*とかにしておくと、サブドメインでもドメイン以下でも利用可能という意味です。its-office.jp/companyとか指定するとそのURLしかこのAPIが効かないと言うことです。URLは複数登録できますし、APIキーも複数作成できます。

googleapi

APIの名前をクリックすると後で編集できます。複数のAPIキーを作成も出来ます。

あとはこのキーを利用して下記のようにxxxxのところにkeyを入れるとできあがりです。

 <script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=xxxxxxxxxxxxxxxxxxx"></script>

以下はグーグルマップ表示例です。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>GoogleMap</title>
  <script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=AIzaSyC0RHtlc3VxgvwY_Vu4EG6fZirWnZ-ifzk"></script>
  <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/gmaps.js/0.4.24/gmaps.min.js"></script>
  <style type="text/css">
    #map {
      width: 800px;
      height: 600px;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <div id="map"></div>
  <script>
  var lat = 35.789966;
  var lng = 139.821961;
    var map = new GMaps({
      el: '#map',
      lat: lat,
      lng: lng
    });
    map.addMarker({
      lat: lat,
      lng: lng,
      title: '東京スカイツリー',
      click: function(e) {
        alert('マーカークリックしました!');
      }
    });
  </script>
</body>
</html>

googleapi

参考になれば幸いです。


∞Tadashi Suyama∞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Similar Posts

最近の投稿

アイキャッチ
anime.jsの使い方

今回はオブジェクトに動きを加えたり、ちょっとしたアニメーションを付け加えるのにとっても役立つアニメーションライブラリのご紹介です。 anime.jsはとっても軽量でかつ簡単に使えるので去年あた...

18 Feb 2017

アイキャッチ
鳥取県米子市の大雪での現状報告

先月に続いてまた大雪です。鳥取市の方がだいぶ雪が積もっていますね。90cmとは。。。 先月同様駐車場から出られないほど雪が積もりました。今日は雪かきで疲れました。。。週末で助かった部分がありま...

12 Feb 2017

アイキャッチ
親要素をクリックしたら子要素のリンクを発動させる方法

システム上の設定で自動的にはき出すhtmlの場合とかに有効な手段かもしれません。 a要素が複数でてきてその上の要素をクリックしたら下の要素が発動するような仕組みです。 例えばli要素の中にdi...

04 Feb 2017

アイキャッチ
ワードプレスでデバッグログをダッシュボードに表示させる方法

ワードプレス運用中のサイトのエラーログを出力させてそれをダッシュボードで見る方法をご紹介します。 ログ出力方法は結構いろいろなサイトに書かれているのですがそれをダッシュボードに表示させる方法が...

28 Jan 2017

アイキャッチ
bttn.cssで簡単にボタン作成

簡単にボタンが設置できるbttn.cssのご紹介です。数も12種類のボタンだけで色と大きさが指定できます。 容量も少ないのでさくっと出来ます。下記公式サイトからダウンロードして使うかcdnjs...

21 Jan 2017

著者

ウェブエンジニアのSUYAMAのブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

フッターイメージ