ワードプレスデータベースの引っ越しツールにおすすめのプラグインWP Migrate DB

ワードプレスデータベースの引っ越しツールにおすすめのプラグインWP Migrate DB

  • 2018-05-07  最終更新日:2018-05-07

ワードプレスの引っ越しツールは以前紹介した「WordPressのお引っ越しプラグインはAll-in-One WP Migrationが最強」のやり方が一番簡単で良いのですが、データベースだけ変えてファイルはそのままアップロードして使いたい場合や引っ越しツールを使う際にワードプレスの初期画面を表示させたくない場合にWP Migrate DBプラグインが有効です。

同じサーバー内ならこちらの方法が手っ取り早く簡単かもしれません。こちらでテストしたサーバーはよく使われているエックスサーバーで検証してみました。ちなみにこのプラグインはプロ版(有料)があります。プロ版には、無料版では利用できない多くの時間節約機能が付属しているようですが使ったことがないのでわかりません。


プラグインインストール

まずテストサイト(ここではexample.jpとします)にてプラグインをインストールします。migrate dbと検索してみましょう。赤枠の部分のプラグインが該当のプラグインになります。

wp-migrate-db

インストールして有効にします。そしてツールからMigrateDBを選択します。

wp-migrate-db

設定項目はfindに既存のデータが入っていますのでReplaceに移行先(ここではexample.comとします)のアドレスとファイルパスを入力するだけです。

Add Rowをクリックするとその他変更したい文字列などがあれば記入します。

そしてExportをクリックします。

wp-migrate-db

エクスポートされます。sqlファイルをダウンロードして移行用のDBファイルが手に入りました。gzファイルですが解凍はしなくても良いです。

データベース作成

移行先(ここではexample.comとします)のデータベースを作成します。エックスサーバーの場合はMySQL設定からMySQLを追加でデータベースを追加します。文字コードUTF-8がデフォルトになっていると思いますがそのままで良いです。そしてMySQLユーザーも追加します。そしてそのユーザーに対してアクセス権を追加します。

MySQL設定の下にphpmyadminがありますので先ほど作成したユーザー名とパスワードでログインできます。

wp-migrate-db

インポートタブからアップロードファイルを選択します。先ほどダウンロードしたファイルを選択してそのまま実行を押します。

インポートは正常に終了しました。xxx個のクエリを実行しました。と表示されたら完了です。エラーが出る場合もありますが再度入れるとうまくいく場合もあります。

アップロード

テストサイト(ここではexample.jpとします)からすべてのデータをダウンロードします。そして移行先(ここではexample.comとします)にすべてアップロードします。

wp-config.phpのデータベース名、ユーザー名、パスワードを新しくしたものに変えて完了です。同じサーバー内ならホストは変わることはないですがホストが変わっている場合も変更します。

これでサイトにアクセスすればサイトが表示されるはずです。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'serverid_example');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'serverid_exampleUser');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '7K%Q0$NTY4ppJjb9');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'mysqlxxx.xserver.jp');

すべてアップする際に.htaccessファイルもアップロードしないといけないのですが

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

ワードプレスなら上記の記述だけなのですが他にもある場合はパスを変更してアップする必要があります。

suPHP_ConfigPath /home/path/example.jp/xserver_php/
AddHandler fcgid-script .php .phps
FCGIWrapper "/home/path/example.jp/xserver_php/php-cgi" .php
FCGIWrapper "/home/path/example.jp/xserver_php/php-cgi" .phps

エックスサーバーの場合は上記のような記載があると思いますのでこちらも変更してアップすることをお勧めいたします。

参考になれば幸いです。


∞Tadashi Suyama∞

wp wordpress migrate db
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サイト内検索

最近の投稿

アイキャッチ
そろそろvuejs始める

最近はjQueryよりvueで書いた方が楽ではないかと思い学習中です。 そもそもVuejsはドキュメントが日本語対応なので試しやすいし情報も豊富なので学習しやすいです。 3大フレームワークと呼...

02 May 2021

アイキャッチ
追い風CSS(tailwindcss)が結局楽かも

最初にtailwindcssのv1が出た頃はまだbootstrapで良いかな。 htmlに入れるクラスタグが多過ぎと思っていました。あまり良い印象はなかったです。 時は過ぎいろいろと触っていると...

29 Apr 2021

アイキャッチ
エラー処理について

COJPドメンを取得する際に「登記年月日」という項目があります。 その項目通り登記した年月日を入れる訳ですが、なぜかエラーが出ました。 半角英数字にして下さいというよくあるエラーです。当然半角英...

24 Jan 2021

アイキャッチ
javascriptのundefinedの判定

jqueryで高さの数値をとって足し算をしていたらエラーも出ずに動かないということになったので調べてみました。 ワードプレスで管理画面のアドミンバーが一度ログインするとフロント画面でも表示される...

17 Jan 2021

アイキャッチ
Webpack5にアップデートしてエラーの対処方法2つ

webpack4(4.41.5)から webpack5(5.12.1)にあげました。 特に難しい設定は行っておらず主にscssと共通モジュールの設定だけで使っているのですがそれでもエラーが出たの...

09 Jan 2021

著者

ウェブエンジニアの須山のブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

タグクラウド

wp wordpress migrate db
フッターイメージ