ブートストラップバリデータ使い方 - Validator - for Bootstrap 3

ブートストラップバリデータ使い方 - Validator - for Bootstrap 3

  • 2017-06-03  最終更新日:2017-06-04

今回はフォームバリデータのご紹介です。前回のPHPMailerと関連がありますが、フロントエンドでのバリデートができます。

CSSのフレームワークBootstrap3をお使いの方ならすんなりと入れるかと思います。下記は公式サイト

Validator, for Bootstrap 3

このプラグインは、Bootstrapの中核となるjQueryプラグインに依存しています。bootstrap.jsと一緒に使います。 Validatorプラグインは、主にHTML5の標準属性を介して設定可能な自動フォーム検証を提供します。誰も不気味なフォームを好きではないので、邪魔にならないユーザーエクスペリエンスも提供します。

特徴としてはdata-apiと標準のHTML5属性を使用して設定可能、エラーを通知し、エラーが解決されたことを知らせる、フォームが有効で、すべての必須フィールドが完成するまで、送信は無効です、カスタマイズ可能なエラーメッセージ、 カスタムバリデータ関数、AJAXによる入力フィールドの検証です。


スポンサーリンク


Validator, for Bootstrap 3の使い方

インストール方法は以下の通りです、npmが最近は多いですね。簡単にCDNを使って確認できます。

  • CDN on CDNJS: https://cdnjs.com/libraries/1000hz-bootstrap-validator
  • Clone the repo: git clone https://github.com/1000hz/bootstrap-validator.git.
  • Bower: bower install bootstrap-validator.
  • npm: npm install bootstrap-validator.

そして下記のように組み込みます。jQueryは公式サイトからあらかじめダウンロードするなりCDNを使うなりで入れておいて下さい。

<script src="dist/js/jquery.min.js"></script>
<script src="dist/js/bootstrap.min.js"></script>
<script src="dist/js/validator.min.js"></script>

フォームの検証は、data-apiまたはJavaScriptを使用してマークアップで有効にすることができます。 form要素にdata-toggle=”validator”を追加することでフォームの検証を自動的に有効にします。

<form role="form" data-toggle="validator">
  ...
</form>

これで準備が整いました。あとは必須項目にrequiredを入れるだけです。 たとえば名前フィールドが必須の場合は

<input type="text" class="form-control" id="inputName" name="name" placeholder="お名前" required>

とするだけです。簡単ですね。エラーでこのフィールドを入力してください。と表示されますがエラーメッセージを変えたい場合は

<input type="text" class="form-control" id="inputName" name="name" placeholder="山田 太郎" data-error="お名前は入力必須です" required>
<div class="help-block with-errors"></div>

data-error属性をつけてメッセージを入れます。メッセージを出力するdiv要素のクラス名にhelp-block with-errorsをつければOKです。

<input type="password" class="form-control" id="inputPassword" name="password" placeholder="Password" data-minlength="6" required>

最小文字数が必要な場合はdata-minlength属性に数字を入れればその文字数が超えないとエラーになります。あまり複雑なバリデートができませんが簡単なバリデートはこれだけで十分ですね。

サンプルのサイトがありますので確認できます・

⇒デモを見てみる

参考になれば幸いです。


∞Tadashi Suyama∞

validata js バリデータ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サイト内検索

最近の投稿

アイキャッチ
ワードプレスでのカテゴリごとのページング方法

ワードプレスの投稿ページはカテゴリー関係なくページングされてしまいます。投稿順で表示されるのですが、これを同一カテゴリー内だけでページング、ページ送りをする方法をご紹介します。 お知らせ、ブロ...

09 Dec 2017

アイキャッチ
小学一年生のためのひらがなカタカナ神経衰弱

私の娘は遊ぶことが大好きです。でいつも何して遊ぶが口癖になっているほど遊びが大好き、当然勉強は嫌い。。。それでゲーム感覚で勉強が出来る方法がないかと思案したわけですが、カードゲームが好きなのでカ...

02 Dec 2017

アイキャッチ
グーグルマップのdirections APIを使ってバス貸切料金算出方法

グーグルマップのdirections apiは距離と時間を調べるときに役立ちます。複数の経由地も入れることが可能で[コチラ](https://developers.google.com/maps...

25 Nov 2017

アイキャッチ
日本語のwebフォントを作成する方法

Webフォントを使うといえば[Google Fonts](https://fonts.google.com/)を使って利用している人が多いかもしれません。 そのほか、アドビ社の[Typekit]...

18 Nov 2017

アイキャッチ
chromeのデフォルト機能でキャッシュ削除する方法

つい先日、クロームのcache killerというエクステンションが使えなくなりました。。。常にキャッシュを削除してくれるので良かったのですが、代わりの物を探していたらデフォルトでキャッシュを削...

11 Nov 2017

著者

ウェブエンジニアのSUYAMAのブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

タグクラウド

validata js バリデータ
フッターイメージ