ブートストラップバリデータ使い方 - Validator - for Bootstrap 3

ブートストラップバリデータ使い方 - Validator - for Bootstrap 3

  • 2017-06-03  最終更新日:2017-06-04

今回はフォームバリデータのご紹介です。前回のPHPMailerと関連がありますが、フロントエンドでのバリデートができます。

CSSのフレームワークBootstrap3をお使いの方ならすんなりと入れるかと思います。下記は公式サイト

Validator, for Bootstrap 3

このプラグインは、Bootstrapの中核となるjQueryプラグインに依存しています。bootstrap.jsと一緒に使います。 Validatorプラグインは、主にHTML5の標準属性を介して設定可能な自動フォーム検証を提供します。誰も不気味なフォームを好きではないので、邪魔にならないユーザーエクスペリエンスも提供します。

特徴としてはdata-apiと標準のHTML5属性を使用して設定可能、エラーを通知し、エラーが解決されたことを知らせる、フォームが有効で、すべての必須フィールドが完成するまで、送信は無効です、カスタマイズ可能なエラーメッセージ、 カスタムバリデータ関数、AJAXによる入力フィールドの検証です。


Validator, for Bootstrap 3の使い方

インストール方法は以下の通りです、npmが最近は多いですね。簡単にCDNを使って確認できます。

  • CDN on CDNJS: https://cdnjs.com/libraries/1000hz-bootstrap-validator
  • Clone the repo: git clone https://github.com/1000hz/bootstrap-validator.git.
  • Bower: bower install bootstrap-validator.
  • npm: npm install bootstrap-validator.

そして下記のように組み込みます。jQueryは公式サイトからあらかじめダウンロードするなりCDNを使うなりで入れておいて下さい。

<script src="dist/js/jquery.min.js"></script>
<script src="dist/js/bootstrap.min.js"></script>
<script src="dist/js/validator.min.js"></script>

フォームの検証は、data-apiまたはJavaScriptを使用してマークアップで有効にすることができます。 form要素にdata-toggle=”validator”を追加することでフォームの検証を自動的に有効にします。

<form role="form" data-toggle="validator">
  ...
</form>

これで準備が整いました。あとは必須項目にrequiredを入れるだけです。 たとえば名前フィールドが必須の場合は

<input type="text" class="form-control" id="inputName" name="name" placeholder="お名前" required>

とするだけです。簡単ですね。エラーでこのフィールドを入力してください。と表示されますがエラーメッセージを変えたい場合は

<input type="text" class="form-control" id="inputName" name="name" placeholder="山田 太郎" data-error="お名前は入力必須です" required>
<div class="help-block with-errors"></div>

data-error属性をつけてメッセージを入れます。メッセージを出力するdiv要素のクラス名にhelp-block with-errorsをつければOKです。

<input type="password" class="form-control" id="inputPassword" name="password" placeholder="Password" data-minlength="6" required>

最小文字数が必要な場合はdata-minlength属性に数字を入れればその文字数が超えないとエラーになります。あまり複雑なバリデートができませんが簡単なバリデートはこれだけで十分ですね。

サンプルのサイトがありますので確認できます・

⇒デモを見てみる

参考になれば幸いです。


∞Tadashi Suyama∞

validata js バリデータ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サイト内検索

最近の投稿

アイキャッチ
そろそろvuejs始める

最近はjQueryよりvueで書いた方が楽ではないかと思い学習中です。 そもそもVuejsはドキュメントが日本語対応なので試しやすいし情報も豊富なので学習しやすいです。 3大フレームワークと呼...

02 May 2021

アイキャッチ
追い風CSS(tailwindcss)が結局楽かも

最初にtailwindcssのv1が出た頃はまだbootstrapで良いかな。 htmlに入れるクラスタグが多過ぎと思っていました。あまり良い印象はなかったです。 時は過ぎいろいろと触っていると...

29 Apr 2021

アイキャッチ
エラー処理について

COJPドメンを取得する際に「登記年月日」という項目があります。 その項目通り登記した年月日を入れる訳ですが、なぜかエラーが出ました。 半角英数字にして下さいというよくあるエラーです。当然半角英...

24 Jan 2021

アイキャッチ
javascriptのundefinedの判定

jqueryで高さの数値をとって足し算をしていたらエラーも出ずに動かないということになったので調べてみました。 ワードプレスで管理画面のアドミンバーが一度ログインするとフロント画面でも表示される...

17 Jan 2021

アイキャッチ
Webpack5にアップデートしてエラーの対処方法2つ

webpack4(4.41.5)から webpack5(5.12.1)にあげました。 特に難しい設定は行っておらず主にscssと共通モジュールの設定だけで使っているのですがそれでもエラーが出たの...

09 Jan 2021

著者

ウェブエンジニアの須山のブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

タグクラウド

validata js バリデータ
フッターイメージ