とっても簡単なReally Simple CSV Importerの使い方

とっても簡単なReally Simple CSV Importerの使い方

  • 2017-07-22  最終更新日:2017-08-18

エクセルやCSVデータでブログ記事を保存していたりする場合にこのプラグインがとても便利です。

大量にデータがあるときに1件1件ちまちま入れていくのはとても大変です。そこでこのプラグインで一括でさくっと入れてしまいましょう!使い方はとても簡単です。

とはいってもおそらく数千件とかは入らないかもしれません。100件とか200件ぐらいなら入ると思います。私も200件ぐらいまでしか試していません。サーバーの状況やPHP関連の状況で入らない可能性がありますので。。。

今回はインポートができないという人向けに書きました。だいたいは文字コードが問題なんですがそこら辺も解決したやり方にしてあります。エクセルユーザーのためのReally Simple CSV Importerの使い方です


スポンサーリンク


Really Simple CSV Importer使い方

ご自身のワードプレス内のプラグイン新規追加のところに行きます。

Really Simple CSV Importer

そしてReally Simple CSV Importerと打ち込みます。このプラグインはあまり更新されていないようで更新が2年前になっていますが、大丈夫です。全く問題なく使えます。

Really Simple CSV Importer

インストールできました。あとは有効化しておきましょう。どうでも良いことですが隣に写っているWP All Importプラグインを最初使ってみたんですが使いづらい。。。テンプレートもないし、、、、初心者向けにウィザード形式にしているのが余計にわかりにくい気がしてならない今日この頃です。余談ですね。

Really Simple CSV Importer

そしてツールからインポートをクリックすると上記のような画面になります。CSVという項目が追加されています。インポーターの実行をクリックします。

Really Simple CSV Importer

ここからCSVファイルをインポートします。それで下記に注意しなければならないのですが、カンマ区切りは良いとしても文字コードやテキストセルを引用符で囲うというところで躓いている方が多いかと思います。

1. 文字セットにUTF-8を選択してください。
2. フィールド区切りに "," を使用してください。
3. 全てのテキストセルを引用符で囲ってください。

サンプルとしてCSVのテンプレートファイルとLibreOffice用のデータがあるのですが、LibreOfficeというオープンオフィスを入れるよりもエクセルを持っている方はそちらを使った方が効率的ですよね。

それでサンプルのCSVデータを使って切り貼りしてしまうと文字コードが変わったりしてインポートがうまくいかないことがあります。

これは文字コードによるモノなんですが普通のCSVはshift-jisで書かれており、エクセルからcsvで出力したデータもshift-jisで出力されます。ですが一般的にはutf-8形式が主流です。

エクセルデータからCSV

私流の方法なんですがとりあえず私はエクセルデータにしてあります。上記のCSVサンプルをエクセル用に作り直してさらにサンプルデータを入れてあります。中に入っているデータはコチラのデータを少し変えてあります。下記からダウンロードしてお使い下さい。

このデータには2つ入っており、ひとつはタグやカテゴリーや固定ページデータといろいろ入れています。もうひとつは投稿データのみでタイトルと記事だけにしてあります。エクセルデータなので見ていただければわかると思います。

これを元にデータを作っていくので文字化けもないので安心ですね。

因みにこのプラグインは追記型となっていますので同じデータを何度も入れると同じ記事が複数できるようになりますので注意が必要です。

ポイント

ポイントしましてはGoogleドライブを使います。Googleアカウントを持っていない人はあまりいないとは思いますが、これを機会に取得して下さい。なにかとGoogleのサービスはいろいろと使います。

GoogleドライブのGoogleスプレッドシートで開いてそれをCSVデータで出力するという流れです。ちょい手間ですが1分もかかりません。

グーグルドライブ内の作業

  1. データをアップロード
  2. データを開く
  3. CSVでエクスポートしてダウンロード

上記の3点だけです。

データをアップロード

グーグルドライブ内に入ったらまずでダウンロードしたデータをアップロードします。

Really Simple CSV Importer

新規からファイルのアップロードをします。ダウンロードしたサンプルのエクセルデータを選択して下さい。

データを開く

Really Simple CSV Importer

そしてアップロードしたエクセルデータを開きます。すると上記のような画面になりますのでGoogleスプレッドシートで開くをクリックします。

するとGoogleスプレッドシートで開いたファイルが生成されます。

CSVでエクスポートしてダウンロード

Really Simple CSV Importer

あとはファイルから形式を指定してダウンロードからカンマ区切りの値(.csv、現在のシート)をCSVファイルとして出力をすればOKです。このファイルをワードプレスのCSVデータとして読み込んでインポートすれば完了です。

下記は一連の流れにしてあります。

Really Simple CSV Importer

参考になれば幸いです。


∞Tadashi Suyama∞

wordpress Really Simple CSV Importer プラグイン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サイト内検索

最近の投稿

アイキャッチ
プラグイン自動更新ができるプラグインEasy Updates Manager

さて今回はワードプレスのプラグインの自動化ができるプラグインのご紹介です。自動で常に最新の状態に保つことが出来るのでとても便利です。 しかし、いろいろサーバーに入れたのですがどうもサーバーによ...

16 Dec 2018

アイキャッチ
ブラウザ上でデザインができるツールのCanva(キャンバ)のご紹介

簡単にプロ並みのデザインという感じで作成できてしまうデザインツールのご紹介です。 デザインのスキルはなくてもテンプレートから選ぶだけで、必要な素材をドラッグアンドドロップで簡単に出来てしまうツー...

11 Dec 2018

アイキャッチ
WordPress内でFTP操作ができるプラグインFile Managerのご紹介

今回はワードプレスプラグインFile Managerのご紹介です。これはどんなプラグインかと申しますと、ダッシュボードにFTPソフトが入ったようなプラグインです。FTPソフトがなくてもワードプレ...

26 Nov 2018

アイキャッチ
WordPressでPHPの値をJavaScriptファイルへ渡す方法

今回はワードプレスの値をJavaScriptに渡す方法です。ワードプレスからじゃなくてPHPからJavaScriptへ値を渡す方法もご紹介します。 PHPの値をJavaScriptで処理を行う...

22 Nov 2018

アイキャッチ
アイキャッチ画像がない場合に記事内はじめの画像をアイキャッチにする方法とリンク先画像取得-WordPress

今回はワードプレスのアイキャッチです。記事内はじめの画像を取ってくる方法は結構出回っているので、リンク先の画像を撮ってくる方法をプラスしたやり方になります。 記事内はじめの画像を取得する方法は...

10 Nov 2018

著者

ウェブエンジニアの須山のブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

フッターイメージ