css

flexboxで簡単レイアウト

  • 2018-07-07  最終更新日:2018-07-07

Flexbox(Flexible Box Layout Module)とは今時のレスポンシブに対応したレイアウトスタイルです。上下中央の配置や等間隔の配置、固定幅と可変幅の配置など使い方は様々、3カラムレイアウトも組めます。IE11以降のモダンブラウザは対応しておりますので問題ないかと思います。

しかし、そろそろGrid Layoutも使われつつあります。格子状のレイアウト、ページ全体のレイアウトはGrid Layoutが有効で、横並びのレイアウトはflexboxが向いているので状況に応じて使ってみましょう。

もっと見る

bootstrap4でのtable-responsiveをレスポンシブにする

  • 2018-06-16  最終更新日:2018-06-16

最近はCSSフレームワークはBootstrap3からBootstrap4をメインにして作業しております。かなり使いやすいです。ほぼこのフレームワークだけで完結できる仕様になってきました。

さてBootstrap4でtable-responsiveがうまく機能しないということに気がつき試したところ英字の場合だと機能しているなと気がつきました。日本語表示だと7、8列以上なら横スクロールが出てくるのですが5列ぐらいなら無理矢理縦表示になってしまうのでその対処方法をご紹介します。

もっと見る

CSSでの画像ホバー効果ライブラリのご紹介

  • 2018-06-10  最終更新日:2018-06-10

今回は純粋なCSS画像ホバー効果ライブラリをご紹介します。画像をマウスオーバーするとテキストが表示されるCSSライブラリになります。実装も簡単でクラス指定をすることで40種類以上の効果を体験できます。以下のアドレスから確認できます。

もっと見る

テキスト選択させないCSS

  • 2017-04-30  最終更新日:2017-04-30

今回はcssのプロパティのご紹介です。

サイトによってですが選択できないサイトとかを見たことがないでしょうか?あれ?選択できないぞ。。。

これはCSSで制御しているからなんです。いやJavascriptかもしれませんが。。。

最近は(すでに数年前からできますが。。) CSSで制御できるのでそのCSSをご紹介します。

もっと見る

リンクタグの_blankについて

  • 2017-02-25  最終更新日:2017-02-25

今回はちょいメモです。最近はあまりリンクにtarget=”_blank”をつけることはなくなったのですが、これをする場合はrel=”noopener noreferrer”をつけた方が良いということが言われています。

開かれたページの方では開いた元のページにアクセスできる仕組みになっているのでこれを悪用するサイバー攻撃を受けることがあると言うことのようです。

それでrel=”noopener noreferrer”をつけることで防ぐことが出来ると言うことです。

以下が例です。

{% highlight html %} example.com {% endhighlight %}

もっと見る

anime.jsの使い方

  • 2017-02-18  最終更新日:2017-02-18

今回はオブジェクトに動きを加えたり、ちょっとしたアニメーションを付け加えるのにとっても役立つアニメーションライブラリのご紹介です。

anime.jsはとっても軽量でかつ簡単に使えるので去年あたりから人気が出始めているライブラリです。jQuery依存もしていませんのでこのライブラリだけ読み込めばOKです。

⇒anime.js公式サイト

ブラウザサポートはChrome、Safari、Opera、Firefox、IE 10+ですのでモダンブラウザは大丈夫です。

もっと見る

親要素をクリックしたら子要素のリンクを発動させる方法

  • 2017-02-04  最終更新日:2017-02-04

システム上の設定で自動的にはき出すhtmlの場合とかに有効な手段かもしれません。 a要素が複数でてきてその上の要素をクリックしたら下の要素が発動するような仕組みです。

例えばli要素の中にdiv要素とdl要素がありそこのdt要素内にa要素が入っているけどli要素全体をリンクにしたい場合の対処方法です。

cssでやる方法は一つ上の要素を全体リンクにする方法はありましたが子要素のリンクはなかったのでjQueryを使ってご紹介します。

もっと見る

bttn.cssで簡単にボタン作成

  • 2017-01-21  最終更新日:2017-01-21

簡単にボタンが設置できるbttn.cssのご紹介です。数も12種類のボタンだけで色と大きさが指定できます。

容量も少ないのでさくっと出来ます。下記公式サイトからダウンロードして使うかcdnjsからのリンクでhead内にご使用ください。ここで使っているアイコンフォントも紹介しておきます。

CDNJS {% highlight html %}

{% endhighlight %}

もっと見る

指定サイトのCSSを解析してくれるサイトのご紹介

  • 2016-10-24  最終更新日:2016-10-24

気になるサイトのCSSを解析してくれるサイトCSS Stats GitHubをご紹介したいと思います。

単純にURLを貼り付けるだけで解析してくれるのでとても簡単に解析情報を見ることができます。

⇒公式サイトはこちら

どんなフォントを指定しているとか配色はどんな色にしているとか詳細度のグラフなどあります。曲線がなるべくなだらかなほうがよいそうです。

もっと見る

CSSだけでInstagram風のフィルターが使えるcssgramが便利

  • 2016-06-25  最終更新日:2016-06-25

インスタグラムはやってますね、私も1年ほど前に登録したもののあまり使っておりません。。。さてそんなインスタグラムの写真フィルターのようなライブラリがありましたのでご紹介します。

簡単に言えば、CSSgramはCSSで画像をInstagramのようなフィルターっぽく編集できるライブラリです。

ここでやっているのは、基本的に画像にグラデーションオーバーレイ、フィルタやブレンド機能を使って似せているような機能です。

簡単にInstagram風のフィルターが使うことができます。

対応ブラウザはIE(インターネットエクスプローラー)は対象外となっております。Google Chrome、Firefox、Opera、Safariが対応しているようです、edgeは対応しているのかな、cssの問題なのでおそらく対応していると思われますが。。

こちらは公式サイトです。⇒CSSgram test sheet

もっと見る

CSShakeの使い方と紹介

  • 2016-05-21  最終更新日:2016-05-22

今回はブルブル震えて注目してしまう動きCSShakeをご紹介します。

jQueryのプラグイン jRumble とかでもありますが今回は簡単に導入できて実装できるCSSでのご紹介です。

CSSShake公式サイトからダウンロードして使います。こちらの公式サイトにも使い方は載っておりますが、簡単に説明します。

インストールはnpmかbowerよりできます。公式サイトからダウンロードしても良いです。

もっと見る

HOVER.CSSの使い方

  • 2016-05-07  最終更新日:2016-05-07

今回は手軽にhoverアニメーションできるhover.cssのご紹介です。hoverしたら動きが実装できます。

以前 CSS3でのアニメーションライブラリanimate.cssの使い方のご紹介しましたが、今回はhoverに特化していますのでcssを読み込んでクラスを付加するだけでhoverするときに限りますが簡単にアニメーション実装できます。

Hover.css公式サイトにもサンプルがあります。デモページの内容はこちらの公式サイトと同じです。

もっと見る

Bootstrap3のアコーディオンメニューを縦から横列に表示

  • 2016-04-23  最終更新日:2016-04-23

CSSのフレームワークを使って制作されている方、特に手っ取り早く良い感じのデザインが出来るBootstrapを使っている方は多いと思います。私もその一人です。

Bootstrap1.4の段階から便利に使わせてもらっております。使いやすくてカスタマイズしやすいです。当初はLESSだったのですが最近になってSASSになりとても便利になりましたね。

さて本題です。Bootstrap3のCollapse collapse.jsの項目にアコーディオンメニューのサンプルがあります。このサンプルはひとまとまりにしてありますが、どうにかカラムにいれて列にしたいと思って調べました。中々無いんですね。

海外のFAQで同じような質問をしている方がいらしたので同じようにしたらうまくいきましたのでその設定を載せておきます。

もっと見る

CSS3でのアニメーションライブラリanimate.cssの使い方

  • 2016-04-09  最終更新日:2017-11-16

ウェブ上でも最近は動きのある要素を取り入れているサイトも多くなってきました。アニメーション動作を取り入れる場合はJavaScript(主にjQuery)が多いのですが、実はCSSだけでも動きのある要素を出すことも出来るんです。まずは公式サイトで動きを確認します。いろいろ出来ますね。

CSS3になって出来る要素がだいぶ増えてきました。JavaScriptでしか出来なかったこともCSSだけで出来る要素も増えてきたので下記のようなブログなどをチェックしてみると良いでしょう。

CSS3のセレクタ全42種 まとめておさらい使い方リファレンス

CSS3は要素によってはまだ対応していないブラウザもありますので HTML5/CSS3ブラウザ対応状況確認のサイトなどでどのブラウザ対応状況を確認してみると良いです。

もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サイト内検索

最近の投稿

アイキャッチ
大山の大献灯・和傘灯りに行った感想

大山の大献灯・和傘灯りに初めて行って参りました。13日の夜に行ってきましたがこんなイベントをやっていることを知らなかったのでご紹介します。和傘のライトアップで日本の夏の雰囲気が良いですね。 大...

23 Aug 2018

アイキャッチ
出雲神話祭り・花火大会

お盆休み中に出雲の花火大会に行って参りました、今年は8月12日(日)でした、開催日は毎年違いますので確認しておきましょう。だいたいこのあたりだった気がします。8,000発の花火で例年13万人が来...

21 Aug 2018

アイキャッチ
chromeのエクステンションを使わないでウェブページ全体をスクリーンショットでとる方法

さて今回はchromeブラウザ限定ですがエクステンションを使わずにページ全体と部分キャプチャをする方法をご紹介します。 割とエクステンションで処理しちゃう場合がありますがデフォルトで使えるとい...

05 Aug 2018

アイキャッチ
はじめてのVim覚え書き

今回はエディターのご紹介になります。かなり特殊なVimエディターをご紹介したいと思います。便利なエディターAtom、SublimeText、VisualStudioCodeとは訳が違います。 ...

28 Jul 2018

アイキャッチ
リニューアルした水木しげるロードは夜がおすすめ

さて、先日14日にリニューアルした境港の通称鬼太郎ロードに行って参りました。鬼太郎に会える町として新たに妖怪を追加して約800mの通りに177体の妖怪ブロンズ像がお出迎え、ゾーン分けをして再配置...

17 Jul 2018

著者

ウェブエンジニアのSUYAMAのブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

タグクラウド

フッターイメージ