mac

macOS Mojaveで特定のアプリが動作しなくなったときの設定

  • 2019-01-09  最終更新日:2019-01-09

今回はMacトラブルについてです。今まで使っていた人はおそらくこの設定は知っている人が多いかもしれませんが、初めてMacを使った人はこれで悩んでいる人が多いかもしれません。今回はロジクールマウスのLogicol Optionsというアプリでトラブルがありました。

マウスは動くがスクロールしないという現象がmacOS Mojaveで起こっているようです。ロジクールのサイトにも掲載しているようですがわかりにくいですし英語だしサポートに問い合わせると中国人らしき人が対応、よくこの手の内容の電話がかかっているようでした。

それで解決策をメールにて送るがURLが違うしサポート内容もわかりにくいということだったので簡単に記事にしてみました。

もっと見る

Caffeineの代替えにAmphetamine

  • 2018-10-25  最終更新日:2018-10-25

強制的にスリープさせないようにするアプリAmphetamine【アンフェタミン】なんですが、名前の由来はアメリカでは注意欠陥・多動性障害の薬として使われており、日本では覚醒剤に指定されているようです。

ようするに薬で覚醒せる(スリープさせない)という意味合いなのでしょう。さて、Caffeineは単純な仕組みでしたがAmphetamineはいろいろと設定ができるようになっておりますが、結局シンプル設定にしました。日本語対応はしていないのですが設定自体は割と簡単です。

使い方などを見ていきましょう。

もっと見る

macOS Mojaveを早速インストールしてみた感想

  • 2018-10-24  最終更新日:2018-10-24

さて、いつもなら安定してきたぐらいにアップデートを行うのですが今回は時間もあったのでmacOS Mojaveにアップデートをしてみました。

入れてみてすぐに感じた感想は重い。。。もっさり感が半端ない。。。ここまで遅くなるかなという感じになりました。因みに使っているMacは MacBook Pro 2800/13.3 MGX92J/Aで2014年中頃のモデルをカスタムしておりCPUは3 GHz Intel Core i7でメモリは16 GB 1600 MHz DDR3となっております。そこそこハイスペックモデルにしてありますが重く感じます。アップデートも今回までかなと思う今日この頃です。

最近では大分なれてきたせいかそこまで遅いとも感じなくなりました。当初は固まることが多かった気がします。あとバッテリーの減りも早くなった気がします。。。マイナスばかりですがこのあたりはアップデートで改善されると思います。

もっと見る

画面共有中だけ通知を一時的にオフ機能のMac用アプリMuzzle

  • 2017-08-13  最終更新日:2017-08-13

本日はアプリのご紹介、画面を共有しているときやビデオ通話などをしているときに通知を一時的にオフにするアプリのご紹介です。

プレゼンの発表中などスクリーン共有やビデオ通話などの際に役立ちます。SlackやGoogleハングアウトやSkype、Zoomなどをしている最中などにこのアプリを起動しているだけでオフになります。

もっと見る

マルチOSのコマンドライン型ランチャーアプリzazu

  • 2017-08-05  最終更新日:2017-08-06

Macには圧倒的な使いやすさのalfredがあるのですがそのようなランチャーがWindows環境でないか探してみたところありましたのでご紹介します。ただalfredにはまだ遠く及ばない気がしますがWindows環境で似た感じで使えるというの良いのではないでしょうか?

オープンソースで無料で使えます。コチラからダウンロードして使うことができます。

このアプリはMac、Windows、Linuxで使うことができます。今回はWindows環境でご案内します。

もっと見る

WindowsのIMEの入力切り替えをMac風な「変換」と「無変換」キーに割り当てる方法

  • 2016-06-05  最終更新日:2016-06-05

WindowsマシンとMacマシンを使っていて入力変換に悩まされます。私はだいたいMac風変換で打っているのでWindowsの変換方式だとイライラします。

それはひとつのキーで切り替えている点です。これって結構な確率で間違えてしまいます。日本語入力のつもりで打っていたら英数になっていたり、英数のつもりで打っていたら日本語入力だったりと。。まあ、それは間違えますよね。あー、こっちじゃないー!!と

だけどMac風の入力変換だとそれがかなり減ります。スペースキーの両隣にある無変換と変換キーに割り当てると何度そのキーを押しても変わることがないので間違えることはありません。

例えば無変換キーを何度押しても英数になりますし、変換キーを何度押しても日本語入力のままです。

そこで今回は主要なIMEのキーの割り当て方をご紹介いたします。OSのバージョンはWindows7は割と紹介している記事が多かったのでWindows10でやってみたいと思います。

もっと見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サイト内検索

最近の投稿

アイキャッチ
Web制作者が8年Chrome使ってきた中でおすすめの拡張機能

最近はEdgeもGoogle Chromeと同じChromiumベースでのブラウザとなりほとんどクローム(Chrome)状態ではあります。FirefoxとSafariぐらいでしょうか。Firef...

17 Mar 2019

アイキャッチ
Bootstrap4でフォーム入力の際にカレンダーから日付入力する方法

最近はメインでのコーディングはBootstrap4に移行しておりますがいろいろと3の時に使えたものが使えなかったりとしております。 DatetimePickerなどもそうですね。私個人的には4に...

18 Feb 2019

アイキャッチ
HomebrewでMySQL8をインストールした時の問題点

さて、今回はお手軽にMySQL8をインストールしたときの問題点などをご紹介します。MacOS用パッケージマネージャーHomebrewを使ってインストール、そしてphpからアクセスしたときの問題点...

13 Feb 2019

アイキャッチ
ローカル環境を外部アクセス可能にする方法

さて、今回はお手軽テストサーバ構築のお助けngrok (エングロック)をご紹介します。どういうサービスかといいますと自分のローカル環境を外部アクセスで確認できるサービスになります。 本来は自分...

04 Feb 2019

アイキャッチ
複数のwebサービスを一元管理するアプリStationのご紹介

さて今回はwebサービスの一元管理アプリのご紹介です。よく使うサービスをまとめて管理できるアプリです。 以前Franzというアプリをご紹介しましたが(結局Franzは不安定状態になってそれから...

22 Jan 2019

著者

ウェブエンジニアの須山のブログです。

WEBに関することや個人的に関心のあることについて書きます。主に技術系ブログです。

タグクラウド

フッターイメージ